病院に通う

交通事故の被害にあったならば病院へ通うことになります。そこで怪我の治療をして、治療が終了してから示談が開始されるのです。治療が完了すると損害賠償が確定します。症状がそれ以上変わらないと症状固定が行われるのです。そこで医師が診断書を作成してもらい、それに基づいて示談交渉をすることになります。

怪我ここで大切なことは示談交渉開始のタイミングです。まず、怪我がしっかりと完治してから交渉を開始するべきです。加害者に請求できるお金の中には治療費や入院費といったものも含まれます。さらには通院のための交通費も請求できるのです。そのため、しっかりと怪我を治してからでないと、請求できる金額が確定しません。

交通事故の被害にあったならば、すぐに病院へ行って怪我の診断書を作成してもらいましょう。そして、継続して病院に通院することが大切です。そうすることによって、その怪我や後遺障害が交通事故を原因としたものであることが証明されるのです。途中で通院が途切れてしまうと、その怪我が交通事故によるものであると証明できなくなるかもしれません。それでは示談金交渉で不利になってしまうのです。病院に通うためのお金はしっかりと請求できるため、きちんと通院しましょう。

次は弁護士へ相談することについて説明します。

Pocket

Published by 管理人