そもそも示談金とは

そもそも示談金とは何なのでしょうか。交通事故が起きると示談という交渉が行われます。そこで実際に支払われるお金を交渉することになります。示談金というのは結果的に加害者から支払われるお金のことであり、その中には慰謝料も含まれています。

交通事故の示談金には相場はありません。それぞれの状況によってお金はかなり異なります。そのため、一見すると似たような事故であっても示談金の額がかなり違うということは少なくないのです。最終的にはお互いが納得した金額が示談金となるのです。

弁護士ただし、示談金の中でも慰謝料には相場が存在しています。慰謝料というのは長年のデータから相場が形成されています。過去の事例から考えて妥当な金額が慰謝料として支払われることになるのです。慰謝料の相場の基準としては、自賠責保険と任意保険、弁護士基準という3つの相場が存在しています。この中では弁護士基準が最も高額となっています。

示談交渉では一般的にはお互いの保険会社によって代理で行われます。しかし、被害者の過失割合が0の場合には保険会社が示談代行をすることができない場合があります。この場合は、示談経験のない被害者が交渉をしなければいけないため、トラブルに発展することがあるのです。

つづいて病院に通うことについて説明していきます。

Pocket

Published by 管理人